欧米人の特にIT業界の方はハゲ・薄毛の方が多い


古くは、MS-DOSの頃からプログラム書き続け、IT業界に30年間身をおくものとして、

欧米系の白色人種でハゲ・薄毛の方の多さを常に実感していました。

あらためてまとめてみました。

この10年くらいの企業(facebookなど)はまだCEOの年齢が若く

薄い方々は見かけませんが、マイクロソフト・インテルなど

歴史のある企業では、ハゲ・薄毛の方が僕の感覚では1/2ではないでしょうか。

ハゲ・薄毛と全く無縁の欧米IT企業CEOは「ビル・ゲイツ」くらいではないかな。

マイクロソフト:スティーブ・バルマー

写真は、このサイトより引用

Twitter:ディック・コストロ

写真は、このサイトより引用

その他、インテル:ポール・オッテリーニ、アドビ: シャンタヌ・ナラヤンなどCEOクラスの方々から、

大規模プロジェクトでご一緒させていただいた欧米の方々もかなりの割合で、ハゲ・薄毛の方が多かったです。

 

理由を考えるに

1.欧米人の方が男性ホルモンが多いのではないか。

2.欧米人の方が皮脂腺が発達していないか。(脂っこい食生活)

この理由が顕著にでるのが、IT業界で名を仕事をしている方々なのではないでしょうか。

プログラムの書き屋って、大変ハードで、

風呂に入れない、事はシステム稼働直前になると当たり前になってきます。

遺伝的要因&忙しいから風呂入らない&マックを代表に脂ぎったものを食べてカロリーを補給

が、ハゲ・薄毛の方が多い理由ではないでしょうか。

最初の遺伝的要因を除けば、日本のIT業界の方々にも当てはまるわけす。

最後に、日本版「Google」で一言「禿」を検索すると 第8位に

日本を代表するIT企業経営者の「孫正義」氏の

名言が登場します。

名言:『髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである。』

写真は、このサイトより引用(masason 2012.1.8より)

 

 

スポンサーリンク

Page 1 of 2 | Next page